雲に聞こうよ 提供-日本地震予知協会
▲… menokami.menu …▲
 
サイトの趣旨
 
太陽からの磁気量
2004・05・06の大地震
なぜ彗星と地震なのか
 
シャク暦
 
著書紹介
シャクの国と女の神山
         そして龍の道
TOPページへ
リンク集
 
>>> 過去の地震雲 <<<
 
情報掲示板
雲のスタジオ
アヒルのイヌかき
 
 
島村教授逮捕に抗議する
 
 
 
 
 

編集後記

    2010年2月4日 記

 独立行政法人 防災科学技術研究所への抗議文 】  NPO法人 日本地震予知協会
 
 2010年2月はじめ、会員O氏(東京都在住)からの郵便がありました。
それは、夕刊 讀賣新聞2010年(平成22年)1月29日(金曜日)に掲載された記事のコピーに、 「下記、記事は佐々木さんが何十年も前から唱えていたもので、横取り…といっても過言ではありません。早速抗議すべきと思います。」 というメッセージが添えられたものでした。
 
以下に、その新聞記事、全文を記します。
 
見出し  地震 太陽と月が 「最後の一押し」    防災科研
 大地震の前に、月や太陽の引力(潮汐力)が多くの地震を引き起こしている可能性が高いことを、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の田中佐千子特別研究員らが突き止めた。
潮汐力は、地震を引き起こす地殻のひずみの1000分の1程度の強さに過ぎないが、巨大地震前のひずみがたまった状態では「最後の一押し」のように作用するという。成果は米国の専門誌に発表した。
 田中さんは、2004年のスマトラ島沖地震の震源域周辺(長さ1500㌔、幅500㌔)で、08年までの33年間に起きたマグニチュード5以上の約600の地震を調査。スマトラ島沖地震の直前8年間は、潮汐力が最大となる時間帯に地震が集中していた。大地震前の時期だけ、潮汐力が地震の引き金になりうるという。
 やや規模の小さい地震が潮汐力の強いときに頻発するようになれば、大地震を引き起こす地殻のひずみが、その地域でたまっている可能性があることを示す結果だ。田中さんは東海地震などの震源域でも、調査を進めたいとしている。  以上が記事の全文である。
 
当HPをご覧頂いた皆様は、既にご存知かと思いますが、O氏のご指摘どおり、佐々木洋治代表理事は、1982年11月30日発行の著書、『雲に聞こうよ』(現代出版)に、月・太陽・地震の関連を著しております。 当HPの、著書紹介 にも、 『雲に聞こうよ』 が掲載されています。その第4回(地震をひきおこすもの)中に月の引力についても述べております。(是非、ご一読ください
http://www.menokami.jp/book/04.html#up
 
また、佐々木代表は1990年、東工大の地球惑星合同会議に於いて、論文を発表しており、その地震論に、月の引力と地震についての関連も載っています。  また毎年、シャク暦 も発行しております。(当HPに掲載しております。)
 
シャク暦には、月に関する引力(新月・上弦・満月・下弦・MN(月が最近)・MF(月が最遠)、太陽に関する引力(EF(地球遠日点)・EN(地球近日点)、日食・月食が強引力日として、表されております。
 
このように、28年も前から月・太陽と地震の関連を提唱され、現在もご苦労の連続にある在野の研究者の成果を、公的資金・組織に守られ、すべて潤沢な環境下にある体制側の学者が、<我が成果>として、米国の専門誌に発表していたことに、強い道義的疑念を抱き、ここに抗議いたします。   
                       2010 / 2 / 4  (13:18)


    2010年1月31日 記

悪質掲示板妨害

2008年12月中旬、悪質掲示板妨害が日を追うごとに、異常な頻度で投稿され、あまりの酷さに年明けて2009年2月2日、佐久警察署へ相談に行き、告訴を受理されました。
 
2月3日「軽犯罪」として取り扱いをすると長野県警本部からの回答を得ました。その後、2月27日、上の方の判断で、偽計業務妨害という犯罪として令状をとるとの連絡を頂きました。
 
この頃、(お笑い芸人のスマイリー菊池のブログ中傷で、警視庁中野署が18人を名誉棄損容疑で近く書類送検する方針を固めた)というニュースが、2009年2月5日、NHK夜7時のニュースでも報じられています。
 
この報道を見て、匿名性を隠れみのにするネット上の暴力(悪質掲示板妨害も含めて)に対する意識が日本でもようやく高くなってきたなと、思いました。
 
ネットは仮想社会ではなく、非常に公共性の高い現実社会なのです。当協会のHPも、資金・人員ともに無いなかで唯一、多くの人々に伝える事が可能な方法なのです。その真剣な場を、卑怯な匿名性で、卑猥画像や文言で埋め尽くし、暴力的に貶めていこうという目的は何なのか。
 
その執拗性からとても、いたずらや宣伝目的の大量掲示板スパムとは考えられないのです。 ともかく捜査をして頂けるというので結果を待ちました。途中の経過はここでは、省略します。
 
2009年11月10日、佐久警察署から捜査の結果説明がありました。「掲示板妨害の発信元は、妨害の事実を認めましたが、出会い系サイトの運営をしている会社で、業務の宣伝をする事が目的で、そちらの協会に対して嫌がらせをしようという事ではないようです。前科もないし、本人(取締役社長(20代後半)も、謝りたいという事なので、今回は勘弁してやって下さい。捜査はこれで打ち切ります」というような説明であった。
 
その説明に対して、『大阪の某出会い系サイト運営会社に、当協会のHPを貶める目的で、掲示板妨害を頼んだ依頼主は、いなかったのですか』と聞くと、「もう、過去ログは消去されていましたし、それを追うことは、捜査に大変な人員と費用がかかるので、無理です」との答えだった。確かに、1つのフロアに社員15人、パソコン30台、そして、複数のグループ会社が同じビル内や近くにある(2009年11月11日、大阪から佐久へ謝りに来た某出会い系会社の社長が説明した内容)複雑怪奇な会社の物証を挙げる事が至難である事はよく理解できる。なによりも、過去ログは消去されているのだ。特捜が扱うような事件ではないのだし、費用対効果を考えれば、無理の無い事だ。
 
翌日、2009年11月11日、前述の某出会い系サイト運営会社社長(20代後半)が大阪から当地佐久へ、虎屋の羊羹を手土産に謝りに来た。彼は、軽犯罪にさえならずに、「すみませんでした」と私達に頭を下げ、それで全てが終わった。 これが結果である。
 
まだ若い社長だし、彼を罪に問う事は本意ではない。しかし、その背後に存在する「本当の妨害者・依頼者」による‘目的をもったHPつぶし、おとしめ’であるとの疑念は消えない。 
 
出会い系サイトの宣伝目的で、掲示板に卑猥画像・文言を貼り付けたという事ならば、ほどほどに貼り付けるのが相当だろう。 広告を貼り付ける広告塔としての掲示板に、毎日毎日、卑猥画像を貼り付け、叩き壊し、閉鎖に追い込むまで執拗にするだろうか。掲示板閉鎖(2009年2月10日)に追い込むという事は、広告宣伝を目的として、掲示板を利用したという説明と矛盾する行為ではないのか。
 
あらゆる人が投稿出来る掲示板なのだから、そのようなリスクは仕方の無い事で、HP管理者側がそれぞれ対策をするのが当たり前という意見も多く聞いた。しかし、そんな論理はおかしいだろう。では、家の壁一面に卑猥画像を貼り付けられ、それは壁が外にあるからで、進入を防ぐセキュリティーをするのが常識だという事になる。冗談じゃない。
 
ハイテクによる攻撃をかわす事が難しいという事は理解できる。だからこそ法整備が必要なのだ。悪質迷惑メールや大量悪質掲示板スパムは、卑怯な暴力であり、犯罪である。社会全体にその認識がなさすぎる。そのような行為をすれば必ず罰せられるという刑法が必要だ。その確立と社会意識が、このような事態の発生率を低くする事に繋がる筈だ。


    2007年3月19日 記

静岡新聞「時評」 と 論座「特集 」

3月15日、静岡のメンバーより一枚のFAXが入る。2007年3月14日の静岡新聞「時評」のコピーだった。
・サブタイトル(まだまだあるニセ科学)
・大見出し(注意深い検証で見抜こう)とある。

執筆者は小山真人(静岡大教育学部教授) 執筆者略歴◇こやま まさと氏 浜松市出身。東京大大学院終了、同大理学博士。専門は地質学、自然災害学など。日本地震学会代議員、普及行事委員。静岡市在住。 以下、本文からの抜粋。


『・・・中でもデータ数が多く偶然に支配されやすい現象、たとえば地震活動、結晶の形、人や動物の 行動、薬品の効き方などを扱う時は、通常の統計学の適用だけでは不十分な場合もあり、正しい結論 を得るためには比較対照実験、二重盲検法、四分割表を用いた考察などの注意深い検証が必要である。

ところが、実験方法やデータの取り扱い方の不備に気づかないまま、そのトンデモない結論が「信者」を 集めてしまった不幸な事件が後を絶たない。古くは算数教育を施したとされた馬が、驚くべき的中率で 計算問題を解いて大騒ぎになった事件がある。何のことはない、馬がごほうびのエサ欲しさに出題者の癖を 見抜いていたことが後に判明した。

雲や虹の形、動物の行動などから高確率で地震を予知したという話を昔からよく聞くが、やはりデータの 扱い方を誤っている場合が多い。扱いさえ甘くすれば、たとえばパチンコの玉の出方やプロ野球の試合結果 など、およそ何の脈絡もない現象からも地震予知ができるようになる。
最近では、水に汚い言葉を見せて凍らせると汚い形の結晶ができるというトンデモない実験結果を載せた本 がベストセラーになり、その話が科学的事実として小学校の道徳の授業で使われると言うお粗末な例もあった。
・・・』
 

少し気にかかったのが、朝日新聞社発行の「論座」(2007年2月号)に掲載された‘特集’ タイトルは「ニセ科学を考える」との関連である。上記「時評」のサブタイトル(まだまだあるニセ科学)とスッと結びつく。
論点も指摘も似ている。「論座」では、ニセ科学のいくつかが簡単にとりあげられ、主にはその一例として、著者 江本 勝 『水からの伝言』について二氏が批判している。 菊池誠氏(大阪大学サイバーメディアセンター教授)と田崎晴明氏(学習院大学理学部教授)である。そして『水からの伝言』の主張に肯定的な人々を, (信者、信奉者)としている。

さて、静岡新聞の「時評」、この短い論評の中にも、・ニセ科学・信者・『水からの伝言』批判など共通する事象がとりあげ られ、論調もよく似ている。単なる一ヶ月遅れの偶然だろうか。あるいは‘私は本物’の科学者と自称している博士達に蔓延 している関心事なのだろうか?『水からの伝言』についてはさておき、地震については、少し驚きだ。 この博士(小山真人氏)の乱暴すぎる見解にである。

パチンコの玉の出方やプロ野球の試合結果と、東洋に生まれ、五千年の歴史を持つ観天望気を同列におく感覚に驚きを禁じえない。この博士は、『大地の雲映』-地震は雲・霞の形や色で、予知できる- 著者 (故)眞鍋大學(九州大学工学部応用力学科[航空工学科]助教授) を読んだことがあるのだろうか? 『阪神淡路大震災  前兆証言1519!』-編著者 弘原海 清(大阪市立大学理学部長) を手にした事があるのだろうか?

文明開化と共に入ってきた西洋の分析的理化学の礼賛者、科学的測定値を置かなければ現象の判断が出来ないとする世相の博士達。

「時評」 -まだまだあるニセ科学- の大見出しに(注意深い検証で見抜こう)とあるが、注意深い観察でニセ科学を見抜こうではなく、注意深い観察でニセ科学者を見抜こう! こういう科学者達がいるから子供達の科学離れが起きているのかもしれない。寂しいかぎりである。


    2007年1月29日 記

掲示板荒らし

>多田冬彦(ハンドルネーム)氏の目的は何であったか

1月も終わろうとしているが、多田氏の書き込み№[258]・1月7日以後、今日まで本人の自己紹介はない。それ故、日本地震予知協会の見解をここに書き記したい。けじめとして必要な事ですから。

1月4日・№[228]で反論してある。理論物理学者として名乗り反論するのであれば、それなりの根拠となる資料、データ等を提示する事は常識と思うがそれもない。

反論指摘においても、-結構あるように思います。-,-私の記憶する限りでも-等と述べられており、学者の反論指摘にしては曖昧な論調であり、曖昧な論点指摘である。明確な反論根拠を示ない上での一方的論法の中で断定的な決め付けで結んでいる。

単なる質問であれば№[230]№[245]で‘かもめ’さんが答えているので十分です。しかし、その後も執拗な誹謗、批判が続きました。とすると、書き込みの目的は他にあると疑わざるをえない。

その目的とは、実はハンドルネームという隠れみので日本地震予知協会を貶めるという所にあったのではないか。

 

ここにドイツの哲学者ショウペンハウエルの、<ショウペンハウエル全集第14巻 哲学小品集> (白水社 秋山英夫 訳) からの引用をしましょう。

【第二八二節】
文体は精神の人相だ。それがひとを欺かないことは、肉体の骨相以上である。他人の文体を模倣するのは、仮面をかぶるのと同じである。どんなに美しい仮面であっても、いのちが通っていないから、じきに味気なくなり、堪えがたくなる。どんなに醜い顔でも、地の顔のほうがましだ。

【第二八一節】
文筆の世界での匿名は、市民社会での金銭上の騙りに相当する。「ごろつき、名を名乗れ!でなければ、黙っていろ!」というのが、合言葉でなければならない。-それまでは、無署名の批評にたいしては、ただちに「詐欺漢」とつけ加えていいのだ。-この詐欺という商売は金にはなるかもしれないが、名誉にはならぬ。というのは、ひとさまを槍玉にあげる場合、この無名氏はいうまでもなく悪党であり、姓名を明かそうともしない者のねらいが大衆をだますことにあることは、百対一で賭けてもよいからだ。ただ匿名の著書に対しては、匿名で批評を加えてよい。一般に匿名がなくなれば、文筆界におけるあらゆる悪事は九分九厘までなくなるだろう。この商売が追放されるまでは、きっかけのありしだい、われわれは直接、経営主(匿名批評機関の長、企業家)を相手とすべきだ。そして、その雇い人の犯した罪に対する責任は彼ら経営主自身にとらせるべきである。しかもその場合、彼らの商売が商売なのだから、こちらも当然とってしかるべき調子でやるべきだ。


引用はこれくらいにして、興味のある方は全集14巻をお読みください。


さて本題にもどりましよう。多田冬彦なる理論物理学者の目的は何であったのでしょうか。掲示板№[251]をまずお読みください。単なる質問とは違う背景が見えてきます。

今、日本では多くの地震予算がついているが、どの予算もすべて活断層論や、弾性反発論が正しい理論と認めたうえで予算を使っているのである。大地震のたびにメディアで語る地震学者の説明に首をかしげる方も多いと思うが、最もらしく、しかし最も非科学的な理論説明と思わざるをえない。しかも巨額の税金を投入しての事である。一方、地震宏観現象や、地震体積説には今日まで一銭の研究費も与えず、非科学的、仮説などと言えるのだろうか。そのまま公認地震論にお返ししたい。

予知不可能と認めている活断層論、弾性反発論には巨額の税金が投入され、予知可能であるとする地震宏観現象や地震体積説などの研究には一銭の予算づけもしない。まさに兵糧攻めで地震予知の可能性を閉ざしている。

多田冬彦の雇い主の目的は本物でない地震論の擁護ではないのか。


ショウペンハウエルの言うように、多田冬彦の匿名の背後に、とんでもない雇い主が見えてはこないだろうか。


   2007年1月23日 記

加速器〝タテシナ〟

一、
生命とは何か。この問いは難しい問いなのだろうか。私達の周りには無数の生命があって、人間もまたその生命体である。この生命とはいったい何だろうか。哲学者の多くもこの問いに挑戦している。




二、
物理学者の多くが、物質を形成している構造を求めている。そして物質を分割することで、分子から原子、原子から素粒子というように細分していった。現在では、クォークと更に小さいトップクォークという粒子の取り出しにやっきになっている。

その極少の粒子を取り出すために巨大な加速器を使用している。 その設備は加速器といわれるものである。日本でも新たな加速器を建設中である。数千億もの費用が必要である。アメリカの加速器は周囲100キロで費用は1兆3千億もかかっている。この設備を使ってトップクォークの存在を確認するのである。

しかし、これは粒子の単体をみつけるだけである。多量のトップクォークをみつける設備ではない。存在するものの全ての素になるものを単体として確認するのは難しい。加速器〝タテシナ〟は自然界にあってこの究極の粒子を連続的に多量に生産する設備にたとえられるであろう。

この設備から生み出されたモノポールは次々と多量に空中に放射され、そこで雲が発生する(磁気は荷電粒子を巻きつけて飛ぶ)。これが量として空中に存在すると雲が出来、低気圧になり、雨を降らす。すなわち生命の存在の始まりである。水が出来、生物、植物が生まれ、その命の中を走り続けるモノポールが存在する。加速器〝タテシナ〟は地球上に沢山有る加速器の典型である。

地球上に生命が存在するのは、この加速器の存在するが為である。加速器〝タテシナ〟は彗星近日点になると稼動する。そして、この加速器は科学者専用のものではなく、哲学者専用(哲学者とは考える事が大好きな人々を指す)のものとなる。

人工の加速器は単体の素粒子を発見するだけのものであるが、加速器〝タテシナ〟は素粒子を量的に発生させ、その量が何を生み出すかまで観察する事ができる。これが机上の空論でないことは又、次の現象を知る事で全ての哲学者が追認できる。その現象は立科町の女神湖近くにあるレストラン「女神湖駅」のカウンターの上の現象である。カウンターの下には水道の立ち上がりがある。水源は蓼科山の湧水である。このカウンターの上に方位計を持っていくと、15度くらいづれてしまう。日によって違うが、南北を指す磁石とは明らかに異なる。

この方位計を狂わす粒子は何か。磁場をつくるのだから電磁波が存在するのは間違いない。しかし水道水の中を走ってくるのは波ではなく、粒子でなくては説明がつかない。すなわち「女神湖駅」のカウンター上には水道水の中を走ってきたモノポール粒子が磁場をつくっていると考えるのが必然である。これもまた哲学者にとっては極めて安価で気軽な実験といえるのです。加速器〝タテシナ〟の実験を観測することで、究極の粒子を量として捉える事が出来るかもしれない。

 

pagetop

(C)2005~ Nihon Jishin Yochi Kyoukai. All Rights Reserved